【コロナウイルス】タイ旅行キャンセルせず2月にパタヤに行った話。最新情報をシェア

スポンサーリンク
新型コロナ

中国・武漢からはじまり、全世界に感染拡大中の新型コロナウイルス。

新型肺炎のニュースが出る前に海外旅行を予約してしまった人は、旅行をキャンセルすべきかどうか悩んでいるところではないでしょうか。

2020年2月、名古屋からタイ(パタヤ)に夫婦で5日間旅行してきた私が、新型コロナウイルスに関する最新情報をお届けします!

スポンサーリンク
  1. コロナウイルスの影響は大丈夫だった?海外旅行をキャンセルしなかった理由
    1. 不安はなかった?タイ旅行を中止しなかったのはなぜ?
  2. 名古屋発!中部国際空港(セントレア)の新型肺炎対策はマスク必須?
  3. JAL国際線の新型ウイルス肺炎対策は?飛行機内の感染予防
  4. タイ・バンコクのスワンナプーム空港に中国人は多かった?
    1. 中国便のフライトキャンセル相次ぐ?!
  5. バンコクからパタヤまでの移動方法 新型ウイルス感染リスクが低いのはどれ?
  6. タイ・パタヤで泊まったホテルのコロナウイルス予防対策
    1. クラブフロアでの宿泊は人混みとは無縁
    2. 新型ウイルス予防なら朝食会場は朝一がベスト!
  7. タイ・パタヤのショッピングモールの様子は?行っても大丈夫?
    1. ターミナル21の新型肺炎対策
    2. セントラルマリーナの新型コロナ感染症対策
  8. パタヤビーチは安全?中国人旅行客は大勢いた?
  9. タイ・パタヤで食事はどうする?レストランや食堂の利用は控えるべき?
  10. タイマッサージは危ない?新型肺炎感染のリスクは?
  11. タイ旅行中にコロナウイルス感染を予防するために気をつけたこと
  12. 厚労省の新型コロナウイルスQ&A
    1. 新型コロナウイルスの潜伏期間はどれくらい?
    2. 新型コロナウイルスはどうやって感染する?
  13. 日本国内・国外の新型コロナウイルス感染者(国・地域と人数)
  14. 【コロナウイルス】タイ旅行キャンセルせず2月にパタヤに行った話。最新情報のまとめ

コロナウイルスの影響は大丈夫だった?海外旅行をキャンセルしなかった理由

タイのパタヤ旅行から帰国し、今日(2020年2月8日現在)で4日が経ちました。

帰国後の自覚症状としては、今のところ何もありません。

Yahoo知恵袋など見ると、海外旅行をキャンセルしようか迷っている人が多いようなので、私たちの経験が少しでも参考になればと、このブログで最新情報をお伝えします。

 

不安はなかった?タイ旅行を中止しなかったのはなぜ?

今回のタイ旅行は、ツアーではなく航空券もホテルも個人手配しました

私たちが旅行に踏み切った主な理由は以下の3つです。

  • 新型コロナウイルスの感染者数が、タイも日本もさほど変わらなかった
  • ふたりとも健康な30代(持病なし)
  • 日本ータイ間のフライトが直行便だったこと

 

キャンセル不可の格安航空券を買い、ホテルもキャンセル不可の安いプランを予約した私たち。

旅行を中止していたら1円も戻ってこないところでした。

日本でもすでに新型コロナウイルス感染者は出ていますし、海外旅行が危険とは思いませんでした。むしろ国内旅行でも感染リスクは変わらないような?(あくまでも個人の意見です)

 

でも、赤ちゃん連れ、妊娠中、持病持ち、高齢者の場合は、旅行をやめることも考えたかもしれません。

スポンサーリンク

名古屋発!中部国際空港(セントレア)の新型肺炎対策はマスク必須?

私たちは名古屋の中部国際空港(セントレア)から出発しました。

毎年、年に3回くらいは海外旅行で利用している空港ですが、今回はいつもとは明らかに雰囲気が違いましたね。

チェックインカウンターのスタッフはみんなマスク着用してましたし、利用客もマスクをしている人たちが目立ちました。

出国審査を済ませ、免税店を見に行くと、ここでも店員さんたちは皆一様にマスク姿!

新型コロナウイルス感染症対策でしょうね。

おそらく大阪の関西国際空港や、東京の成田空港、羽田空港なども同様の新型肺炎予防策をとっているのではないでしょうか。

とにかくいつもと違う雰囲気の中部国際空港でした。

 

スポンサーリンク

JAL国際線の新型ウイルス肺炎対策は?飛行機内の感染予防

今回、名古屋ーバンコク間の移動にはJALを利用しました。

飛行機内でも、いつもと違うことが。

キャビンアテンダント(CA)さんたちは、全員終始マスクとビニール手袋を着用していたんです。

機内のアナウンスでもお知らせがありましたが、新型ウイルス肺炎対策の一環だそう。

飛行機の中って、とっても乾燥していますし、密閉された空間なので、こういった対策をしてくれるのは乗客としても、ある意味安心できました。

私たちも機内では、飲食中以外は常にマスクをしていました。

乗客はほとんどが日本人で、ちらほらアジア系や欧米系の方がいるかな、という感じでした。

中国人はいたかどうかわからないくらいでした。

もっと空いているのかと思っていたけど、フツーに混んでました。満席に近かったように思います。

 

スポンサーリンク

タイ・バンコクのスワンナプーム空港に中国人は多かった?

タイ・バンコクのスワンナプーム国際空港。アジアのハブ空港だけあって、いつもどおり混雑していました。

空港内を歩いていると、あちらこちらから中国語が聞こえてきます。

でも、中国語を話しているからって中国本土から来た観光客とは限りませんよね?

台湾人かもしれないし、世界各地に住んでいる中国人は大勢いるので、例えばアメリカから来た方かもしれません。

でも、中国語を話している人は皆マスクをつけていたのが印象的でしたね。やはり世間の目を気にしてのことでしょうか?

 

バンコク空港の状況(2020年2月初旬)について詳しくはこちらへ

→ コロナウイルス海外旅行への影響は?バンコク空港の感染症対策がヤバすぎて驚愕

 

中国便のフライトキャンセル相次ぐ?!

ちなみにタイから日本に帰るときに、バンコクの空港で出発便の掲示板を見ていたら、やたらと「CANCEL」の文字が目に飛び込んできました。

行き先を見てみると、武漢だけでなく、中国各地へ行くフライトのキャンセルでした

ということは、中国からのフライトもない(もしくは便数が減っている)のかな?

それならば、いつもよりは中国人観光客の数が少ないということになりますよね。

 

スポンサーリンク

バンコクからパタヤまでの移動方法 新型ウイルス感染リスクが低いのはどれ?

バンコクの空港からパタヤまでは車で1時間半ほどかかります。

移動方法としては、バス、タクシー、チャーター車となどがありますが、私たちはKlookという会社のチャーター車送迎サービスに申し込みました。

チャーターだと、他のお客さんとの乗り合いではないので、そういう点でもコロナウイルス感染リスクは低くなるのかな

セダンタイプの車に、とっても気さくなドライバーさんでした。

運転手さんが新型ウイルスに感染している可能性も否定できないので、念の為、私たちは車内でマスクをしていました。(運転手はノーマスク)

 

スポンサーリンク

タイ・パタヤで泊まったホテルのコロナウイルス予防対策

パタヤで私たちが泊まったのは、ノースパタヤに位置するアマリホテルです。

ちなみにノースパタヤは、夜遊びスポットで有名なウォーキングストリートからは離れた閑静なエリアです。

ここのホテルでは驚くことに、フロントスタッフはマスクをしていませんでした!

ここにたどり着くまでに散々マスク姿の人たちを見てきたので(自分を含め)、なんだか拍子抜けしてしまいました。

ここアマリホテルでは、日本人観光客は見かけませんでしたね。そもそも日本人があまり利用しないホテルなのか、わかりませんが。

 

クラブフロアでの宿泊は人混みとは無縁

私たちはクラブフロアに宿泊したので、1日中クラブラウンジが利用できました。

クラブラウンジにいた宿泊客は、欧米系の方ばかり。私たちを含め、アジア人は超少数派でした。中国語は聞こえなかったので、中国人はいなかったのかな?

朝食も、3回中2回はこのラウンジでいただきましたが、ラウンジの広さに対してお客さんの数がとても少ないので、混雑とは無縁の世界でした。

 

新型ウイルス予防なら朝食会場は朝一がベスト!

ホテルの朝食会場は、どこのホテルも混雑すると思います。

私たちが泊まったアマリホテルも、8時過ぎに朝食会場をのぞいてみたら大勢の宿泊客でごった返していました。

欧米系のお客さんもいましたが、中国系のお客さんが多い印象でした。

クラブラウンジと、こちらの朝食会場とはメニューが違うので、1回は利用してみたかったんです。

そこで次の日、6時半ごろに朝食会場に行ってみました。(6時オープン)

見事にガラガラ。誰もいない。

ということで好き放題食べ、私たちが部屋に戻る頃にチラホラ他のお客さんたちが朝食レストランに入ってきました。

やっぱりトングなど不特定多数の人が触るので、接触感染が怖いですよね。

朝食はまだ他のお客さんがいない朝一がベストだと思いました!

新型コロナウイルスは飛沫感染もすると言われているので、混雑する朝食会場など人混みはなるべく避けたいですね。

 

スポンサーリンク

タイ・パタヤのショッピングモールの様子は?行っても大丈夫?

パタヤ滞在中には、ノースパタヤにある2つのショッピングモールに行きました。

「ターミナル21」と「セントラルマリーナ」です。

 

ターミナル21の新型肺炎対策

ターミナル21は観光客向けな感じで、店員さんもお客さんもマスク着用率が高かったように思います。中国系の観光客もたくさんいました。

人混みは極力避けたほうがいいなどと言っておきながら、ターミナル21のフードコートで2回も食事をしましたw

このフードコートの利用客は、欧米系の観光客とショッピングモールのスタッフなど現地人がほとんど。

 

ショッピングモール散策中、私たちはマスクをつけていたのですが、珍しいことに欧米系の観光客も、マスクをしている人をちらほら見かけました。意識高い系?

そうそう、ここターミナル21で観光客らしき日本人家族とすれ違いましたよ!

パタヤで出会った日本人観光客はこの家族だけでした。やっぱり旅行を自粛する日本人が多いのでしょうか?

 

セントラルマリーナの新型コロナ感染症対策

ターミナル21に比べて、セントラルマリーナでは店員さんもお客さんもマスクをしている人が少なかったです

よりローカル感の強いショッピングモールだからでしょうか?

ここセントラルマリーナでは、マスクを爆買しようとしている中国系のお客さんを見かけました。

日本もそうですが、中国もマスクの品薄が社会問題になってますもんね。。。

 

スポンサーリンク

パタヤビーチは安全?中国人旅行客は大勢いた?

有名なパタヤビーチにはソンテウという相乗りバス?タクシー?を利用して、行ってみました。

海で泳いだり、ビーチでくつろいでいるのは欧米系の観光客ばかり。

本来であれば、もっと中国人観光客もたくさんいるんでしょうけどね。

日本人も見かけませんでした。旅行を控える日本人が多いのでしょうか?

 

スポンサーリンク

タイ・パタヤで食事はどうする?レストランや食堂の利用は控えるべき?

パタヤでの食事は、ほとんどホテルのラウンジで済ませましたが、海沿いの人気レストラン「パタヤ・ビアガーデン」にも行ってみました。

このパタヤ・ビアガーデンは、前述した夜遊びスポットの近くにあるので、夜が特に混雑するそうですが、私たちはランチに利用したのでとても空いていました。

お客さんは私たち以外、欧米人ばかり

食べ物は安いし、ボリューム満点で美味しく、オープンテラスになっているので、海から風を感じとても気持ちがよかったです!

 

スポンサーリンク

タイマッサージは危ない?新型肺炎感染のリスクは?

タイに来たからには、タイマッサージをせずには帰れません。

ということでホテルの近くにある「サバンナ・ヘルス・マッサージ」というマッサージ屋さんに行ってみることに。

300バーツ(約1,000円)の全身マッサージをお願いすると、二人同時に施術が受けられる小部屋に通されました。

ここでは私たちはマスクはしませんでしたが、マッサージ師の方たちも、私たちの施術中マスクは着用していませんでした。

マッサージが終わり、私たちが受付近くで施術後のお茶を飲んでいたら、マスク姿の中国系の5人組の男性客たちがお店に入ってきました。

すると、すかさずマッサージ師たちはマスクを着用し始めるじゃありませんか!あからさまだったけどw

中国系のお客さんには、マッサージ師さんたちも新型コロナウイルス対策をしているようですし、タイマッサージに行ったから新型肺炎に感染するリスクが高まるということはないように感じました

 

スポンサーリンク

タイ旅行中にコロナウイルス感染を予防するために気をつけたこと

私たちがタイのパタヤ旅行中にコロナウイルス感染予防として、気をつけていたことは普段の風邪やインフルエンザのときと、ほとんど変わりはありません。

  • 人混みではマスクを着用
  • マスクは毎日、新しいものを使う
  • 石鹸でしっかり手洗い(食事前・ホテルや家に戻ってから)
  • ホテルや家に戻ったら、必ずうがいする
  • 食事前にアルコール入りのウエットティッシュで手を拭く

 

アルコールジェル(サニタイザー)があると、水なしでいつでもどこでも手を除菌できるので持っていると便利ですよ。私の旅の必需品。

 

特に海外だとお手拭きが基本出てこないので、新型ウイルス予防に関係なく、私は旅行の時いつも持ち歩いています。

スポンサーリンク

厚労省の新型コロナウイルスQ&A

新型コロナウイルスに関しては、ネット上で変なデマが流れたりしています。

厚生労働省のホームページにわかりやすい情報が載っていたので、一部引用しますね。

 

新型コロナウイルスの潜伏期間はどれくらい?

世界保健機関(WHO)のQ&Aによれば、現時点の潜伏期間は1-12.5日(多くは5-6日)とされており、また、他のコロナウイルスの情報などから、感染者は14日間の健康状態の観察が推奨されています。

引用元:厚生労働省ホームページ

私たちは帰国して4日経ちましたが、今のところなんともありませんでも、2週間くらいは様子見ってとこですね。また、2週間経過後に追記します。

【帰国から2週間後】 私たちは特に体調の変化もなく元気です。でも、私たちと同じころに名古屋からハワイに行かれた60代の夫婦が新型コロナに感染しています。やはり細心の注意が必要ですね。

 

新型コロナウイルスはどうやって感染する?

現時点では、飛沫感染(ひまつかんせん)と接触感染の2つが考えられます。
(1)飛沫感染
感染者の飛沫(くしゃみ、咳、つば など)と一緒にウイルスが放出され、他者がそのウイルスを口や鼻から吸い込んで感染します。
※主な感染場所:学校や劇場、満員電車などの人が多く集まる場所
(2)接触感染
感染者がくしゃみや咳を手で押さえた後、その手で周りの物に触れるとウイルスが付きます。他者がその物を触るとウイルスが手に付着し、その手で口や鼻を触って粘膜から感染します。
※主な感染場所:電車やバスのつり革、ドアノブ、スイッチなど

引用元:厚生労働省ホームページ

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染の2種類と考えられているようですね。

 

その他、もっと詳しく知りたい方は、厚労省のホームページをご覧ください。

 

スポンサーリンク

日本国内・国外の新型コロナウイルス感染者(国・地域と人数)

2020年2月6日現在、内閣官房発表の世界中における新型コロナウイルス感染者の情報です。

  • 日本:21人
  • 中国:28,018人
  • 香港:21人
  • マカオ:10人
  • 台湾:11人
  • タイ:25人
  • 韓国:19人
  • アメリカ:12人
  • ベトナム:10人
  • シンガポール:28人
  • フランス:6人
  • オーストラリア:14人
  • マレーシア:12人
  • ネパール:1人
  • カナダ:5人
  • カンボジア:1人
  • スリランカ:1人
  • ドイツ:12人
  • アラブ首長国連邦:5人
  • フィンランド:1人
  • イタリア:2人
  • インド:3人
  • フィリピン:3人
  • イギリス:2人
  • ロシア:2人
  • スウェーデン:1人
  • スペイン:1人
  • ベルギー:1人

 

新型コロナウイルスの感染者はアジアにとどまらず、ヨーロッパやオセアニア、アメリカにまで広がっていることがわかります。

 

スポンサーリンク

【コロナウイルス】タイ旅行キャンセルせず2月にパタヤに行った話。最新情報のまとめ

そういえば、マーズ(MERS)が流行ったときも韓国に遊びに行っていました(^_^;)

あとで発覚したのが、MERS感染者が韓国まで乗ってきた飛行機が、消毒されずに名古屋までフライトしていたというもので、まさにその名古屋便に乗っていたんですよね、わたし。。。

結構ニュースでも大々的に取り上げられていたので心配でしたが、結果なんともありませんでした。

海外に行かなくたって、日本にいても感染するリスクは変わらないような気がします。

むしろ、日本の方が危険かも知れません。日本に旅行に来たタイ人夫婦が新型コロナウイルスに感染しているくらいですからね。

せっかくの海外旅行なので、新型コロナウイルスにあまりビクビクせずに楽しんできてよかったなと、感じる今日このごろです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

私たちの体験が少しでも参考になれば幸いです。

 

こちらの記事も人気です

→ PCR検査の費用はいくら?コロナウイルス陽性陰性の結果までにかかる時間は?

コメント

タイトルとURLをコピーしました