【幼児期の英語教育】自宅で出来る効果的な学習法は?現役通訳者が答えます

スポンサーリンク
英語学習のコツ

子供が小学校にあがる前までに自宅で英語をやらせたい・・・

熱心なママほど幼児期の英語教育に頭を悩ませています。

特に英語が苦手なママほど、その傾向が強い。

そこで現役の英語通訳者である私が、自宅でできる&効果的な幼児期の英語教育方法について考えてみました。

ひとりで悩んでるママは参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

自宅での幼児英語教育には子供オンライン英会話スクール+αがオススメ

自宅でできる幼児の英語教育の中で、現役通訳者のわたしがオススメしたいのは

子供オンライン英会話スクール プラスα

の英語学習法です。

 

ここで言うプラスαとは、

  • 英語教材
  • 無料動画(YouTubeなど)
  • 英語絵本の読み聞かせ
  • オンライン動画配信サービス

などのことを指します。

 

スポンサーリンク

英語教育に必要なのは「インプットもアウトプットもできる環境」

次に、なぜ「子供オンライン英会話スクール+α」がおすすめなのかという話をします。

まず、英語教育に必要なのは

インプットもアウトプットもできる環境

です。

これは幼児だから、子供だから、というわけでもなく大人でも同じことが言えます。

 

その点、オンライン英会話はインプットもアウトプットもできるから英語学習にピッタリなんです。

 

英語教育はオンライン英会話だけで十分?

じゃあオンライン英会話だけやればいいんじゃないの?

と思った方!

実際、こどもを英会話スクールに通わせれば英語ができるようになると信じて疑わない人はすごく多いんです。

でも、週1~2回英会話レッスンをやっただけじゃ、英語力は絶対に伸びません

これだけは断言できます。

それは、英語に触れる時間があまりにも少ないから

 

そこで、オンライン英会話の補助的に使ってほしいのが上で挙げたプラスαの方法。

毎日英語に触れるという習慣が大事です。

運動でも楽器でもそうですよね。

私も吹奏楽部でフルートをやっていたときは、「1日サボると3日戻る」と顧問の先生に脅されながら(笑)、がんばって練習してましたね。

毎日の積み重ねが大切です。

継続は力なり、ですね。

 

スポンサーリンク

幼少期の英語教育の効果は?日本育ちでもペラペラになる!

現在通訳者として活動している私は、

  • 3歳から英会話スクールに通い
  • 家では英語教材を使う

という生活を続けて、小学校に入学する頃には基礎的な英語技能が身についていました。

 

幼児期からフォニックスの発音練習もしていたおかげか、5歳の子供ながらCの「クッ」と、Kの「クッ」と、Qの「クッ」という音が区別できるほどでした。

英語が苦手な私の母は「全部同じ音にしか聞こえない(笑)」と驚いてましたね。

 

大人と子どもの聞く力の違い

では、なぜ大人は英語の音を聞き分けることができないのかでしょうか?

 

ちょっと堅苦しい話をすると、

英語と日本語は周波数が違う

と言われています。

 

  • 人が聞き取れる周波数:20~20,000ヘルツ
  • 日本語の周波数:125~1,500ヘルツ
  • 英語の周波数:2,000~1万2,000ヘルツ

 

わかりにくいので図にしてみますね。

つまり日本人の大人がネイティブの英語を聞き取れないのは、日本語にない周波数で話されるから。

一方で、赤ちゃんや幼児期の子供って耳がすごくいいんです。

本来、人が聞き取れるとされている20~20,000ヘルツの周波数を聞き取ることができる潜在的な力があります。

なので、幼児期に毎日英語を聞いて英語の周波数に慣れることで、英語耳が作れるというわけなんです。

 

幼少期の英語教育のおかげか、私は今でも耳が良いとよく言われます。

耳が良いと言うのは通訳者にとっては重要なスキル。

お金出してすぐに買えるものではないので非常にありがたいです。

 

きちんとした発音が身についていたからか、英語を話すと子供の頃からよく帰国子女と間違われてました。完全に日本育ちなんですけどね。

 

日本生まれ・日本育ちの私でもできたので、日本で暮らしていても幼児期から基礎的な英語力を身につけることは可能です。

 

スポンサーリンク

子供の英語学習は習慣化がカギ

幼児期の英語学習は習慣化が大切です。

習慣化できないと、いくらお金をかけても、ちっとも英語を話せるようにはなりません。

 

先ほど、自宅での英語教育には子供オンライン英会話がオススメという話をしましたね。

習慣化の一番簡単な方法は、

時間を決めてしまうこと

なんですが、オンライン英会話レッスンは事前予約制のスクールがほとんどです。

 

ママが忙しくてレッスンの予約を忘れてしまったり、希望の時間のレッスンが空いていなくて思い通りに受けられなかったり、というのはオンライン英会話あるあるです。

事前予約制スクールの場合は、よほどマメな性格でないと習慣化するのが難しいかもしれません。

スクールを選ぶ際は曜日と時間が決まっている子供オンライン英会話スクールがオススメです。

 

とは言っても、たくさんある子どもオンライン英会話スクールの中から探し出すとなると、忙しいママにとっては負担になると思うので、ひとつオススメをご紹介しておきますね。

 

子どものためのオンライン英会話「GLOBAL CROWN

GLOBAL CROWNの特徴

  • 1レッスン20分
  • 1対1のマンツーマンレッスン
  • レッスンの曜日と時間を決められる
  • 先生は全員バイリンガル講師
  • 対象年齢は3歳~
  • 月謝はコースによって異なる
  • 入会金、教材費0円

 

「GLOBAL CROWN」では、無料体験レッスンを2回も受けることができます。

まずは、無料レッスンでお子さんが楽しく続けられそうか試してみるといいですよ(^^)

詳細を見る

 

スポンサーリンク

幼児の英語教育:自宅でがんばりすぎないで

我が子を英語ペラペラにさせたい!と子供の英語教育にものすごい熱を入れて頑張っているお母さんもいますが、ちょっと立ち止まって考えてみてほしいのです。

 

日本で生活をしている日本人ならば、母語である日本語の力をつけるのが一番大事

英語はその次にできればいい。

第1言語(母国語)の語彙が多いほど、第2言語のボキャブラリーを増やすことができるとも言われています。

 

ところで「ダブルリミテッド」って聞いたことありますか?

簡単に説明するとダブルリミテッド(セミリンガル)とは、2ヶ国語を話せるけど、どちらも中途半端にしかできないという人のことを指します。

つまりネイティブレベルで使える言語がないという危機的状況。

 

ダブルリミテッドの具体例を出しましょうか。

つい最近、「家では英語オンリー。日本語一切禁止」という教育方針の元で育った10歳くらいの男の子に出逢いました。

英語は上手。

でも、日本語が幼稚園児レベル。ひらがなもカタカナもイマイチ。

こういう子も実際にいるんです。

 

幼児期からの英語教育も大事ですが、母語の重要性も忘れないでくださいね。

 

スポンサーリンク

【幼児期の英語教育】自宅で出来る効果的な学習法は?現役通訳者が答えますのまとめ

今回は、自宅でできる幼児期の英語教育についてお伝えしました。

要点をまとめると、このようになります。

  • 家での英語学習は習慣化し、子どもが英語に触れる時間を意識的に作る
  • オンライン英会話 プラスαの方法がお勧め
  • 幼児期の日本語教育も大事

 

上記で挙げたプラスαの方法は、すべてインプット型の英語学習方法です。

なので、インプット型を併用するだけでは英語を話せるようにはならないでしょう。

ちなみに聞きながすだけでペラペラ系の英語教材もこのインプット型に該当するため、よほどの天才でない限り、それだけで英語ペラペラにはならないということになります。

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

\楽しい無料体験レッスンを受けてみませんか?/

 

こちらも人気です

→ お花の定期便が安いって本当?ブルーミーライフのコスパについて考えてみた

コメント

タイトルとURLをコピーしました